介護系の職業に就く上でのキャリアプランとは

介護の仕事に就きたいと考える場合は、しっかりとしたキャリアプランを立てて資格摂取に取り組んでいくと良いでしょう。

現代の日本社会においては、老人向けの施設が増えています。介護を必要とする老人が多くいれば、介護系の仕事も必要とされています。介護関係の現場で働きたいなら、現場で経験を積んでおくことが大切です。介護長や介護リーダーを目標にして、施設長という役職を目指すことができます。

おすすめのキャリアプランとしては、施設ケアマネージャーを最終目標にすると良いでしょう。ケアマネージャーになるためには、まずは介護支援専門員の資格を取る必要があります。
介護福祉士の資格を摂取している方なら、現場従事の期間が五年以上で900日以上の従事日数があれば、受験資格を得られます。介護福祉士から介護支援専門員となり、介護施設のケアマネージャーとして勤務するというような流れが一般的です。

しかし、介護支援専門員の資格を持っていたとしても、必ずしも施設ケアマネージャーになれるとは限りません。施設内でケアマネージャーのポストが空いていなければ、一介護士として現場で従事しながらポストが空くまで忍耐強く待ちましょう。

また、介護職として生活相談員となる選択もあります。
生活相談員になるには社会福祉士などの資格が必要となります。生活相談員になるにしても、施設ケアマネージャーになるにしても、資格摂取だけで簡単になれるものではありませんが、やりがいといった面から考えると非常に魅力的な職業です。

そんな介護系の仕事を選ぶ上では、キャリアプランを計画することが、スキルアップ、キャリアアップという大きな目標を達成するためには重要なことといえます。そして、その目標を確実のものにするためにも<<将来を見据えてキャリアプランを>>を読み、より実現に一歩踏み込んたプランを計画してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です