女性のキャリアプランにはリスクもあり!

様々な業界、職種で女性が活躍する今、男性に負けずに意欲的かつ専門的な仕事を志す人も増えていることでしょう。企業において中核をなす総合職での女性の登用も年々増えいているのが現状です。
ここで気を付けたいポイントが2つ。

1点目は転勤の問題です。
大企業においては管理職を担う人材に対し、本社と支店、事務職と営業職を一通り経験させるという手法を採用しているところは珍しくありません。女性の場合、独身であれば男性と同じように対応出来る問題ですが、結婚し育児を考えた時に転勤という社命に応えることは非常に困難なこと。
将来のキャリアプランを立て実行するに辺り、自分が希望する会社には転勤があるのか、あるのだとすれば結婚、出産時に継続した業務遂行のサポートを受けられれる態勢が整っているのかを予め確認しておくことが重要になってきます。具体的には総合職のなかでも全国型から地域特定型への切り替え、育児期間中の在宅勤務サポートなどの制度です。

残り1点はズバリ、実際の企業風土。
ホームページや求人広告には一通りの保障を記載しているものの、実際の業務内容としてはいつまでも男性のサポート業務ばかり、もしくは結婚したとたんに戦力外と見なされ、第一線を外されてしまう。そんな残念な話をよく耳にします。
ホームページに記載されている保障や制度が希望する会社で実際に活用されているのか、結婚後の業務サポートが活きている会社なのか、この点についてはインターネットや雑誌の情報だけではなく、学校でのОB訪問や会社訪問などで実際に足を運び、自分の目で見て判断するよう、心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です